読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

No.79 Retropolis / The Flower Kings 1996


 The Flower Kingsという微妙なネーミングで劇的な復活を遂げたRoine Stolt
とは言え、やはりこの道20年のヴェテランである。
音楽的には最初から完成の域にある。ここからどう発展、変容していくのか、創作のモチベーションも含めて、アルバムの完成度が高ければ高いほど、リバイバルの先行きには不安を感じざるを得なかった。
そんなわれわれファンの不安を吹き飛ばすかのごとく、前作『Back in the World of the Adventures』からわずか半年あまりのインターバルで届いたのが『Retropolis』。
「バック」の後は「レトロ」だと、どこまでも後ろ向きの過去へのノスタルジーに徹し、ただならぬ本気さを証明するだめ押しの一撃だった。 

過去から推敲してきた選りすぐりの自信曲を詰め込んだ前作に比べると、こちらは少なからずインスト中心、ジャムセッションからの発展形のような趣きが強い。
計算尽くしというよりも、スタジオでの勢いに乗った作品であることは間違いない。
まずオープニングのタイトル曲でもう理屈抜きにノックダウンだ。
Larks Tongues in Aspic Part 1を思わせるような様式美の典型的なインストプログレ。よくぞ、ここまで、やってくれたという分かりやすい展開にはもう何も言葉が出ない。結局のところ、多くのプログレ・ファンが本心から望んでいた理想世界に違いない。タイトな演奏は硬さが取れてひたすらドライブする。1980年代以降、これほど唯我独尊のメジャー感覚でプログレ路線をひた走る例はちょっと思い当たらない。普通はどこかに時代へのアンチテーゼという自意識をぬぐえない。Roineにはもうその境地を脱している。過去のある時代へのほぼ盲目的なロイヤリティによって、時代を軽く超えてやってのけるのだ。

本作にはもう一つ、彼らの代表曲としてファンの間で親しまれているThere is More to This Worldが収録されている。タイトル曲が少なからずKing Crimsonを意識した硬派の面をアピールしているのに対し、こちらは中期Genesisを彷彿させるメロディアスなプログレである。このバンドは、基本的には、Genesisよりは、Yesに近いハード・ロックだと思うのだが、One for the Vineを思い出すようなファンタジックな音色は、Tomas Bodinのセンスであろう。
これは、後のメンバーのJonas Reingold率いるKarmakanicや後輩格のMoon Safariに継承される美学である。

半年でリリースされた本作の「これでもか」感によって、疑い深いわれわれもRoineの筋金入りのプログレ魂を思い知った。このアルバムが出た1996年、自分は3年勤めた会社を辞めて、何ら計画性もないまま、ブラジルへ発つことを決めた。26歳だったと思う。今、振り返るとささやかだがわが半生では重要な転機だった。
その時に最もエンカレッジしてくれたのが、このアルバムだった。
Roineが自分の人生で掛け替えのない英雄となった瞬間でもあった。