New Trolls - Aldebaran 1978


New Trolls - Aldebaran - YouTube

 

10月のイタリアン・ロック・フェスの主役はLatte e Mieleだったが、ゲスト扱いで友情出演のNew TrollsのVittorio di Scalzeが花を全部持っていってしまった、というのが個人的な感想だった。

長らく現役から離れていたLatte e Mieleと比べて、ずっとショウビスの第一線に身を置いていた職人エンターテイナーのVittorioが観客を惹きつけてしまうのは無理もない。

それ以降、しばらくは図らずもNew Trollsのキャリアを振り返る日々となった。

New Trollsと言えば、1970年代にブリティッシュの本家さえ凌ぐほどのハイクオリティの純正プログレをやってのけた驚異の実力者集団にも関わらず、その本懐は一貫してポップスとしての歌心にあった。

このパラドックスが私たちプログレ愛好家を深く魅了し続ける所以でもあった。

プログレとしての頂点は、異色の傑作『UT』から分裂劇の只中にあった『Atomic Systems』と分家のIbisの『Sun Suprime』にあることは愛好家の間ではコンセンサスを得ているが、彼らのキャリア最大のヒットはVittorioとNico和解後の『Aldebaran』なのだ。

 

ディスコ・ブーム全盛の中、Bee Geesを露骨に意識した作風である。

前作の『Concerto Grosso Per 2』から急激にプログレ的意匠を排しているプロセスで、とてつもなく独創的なサウンドが仕上がった。

 

このアルバムがプログレとは別の観点から魅力溢れる傑作だということは、四半世紀前から愛好家の間で知られていたが、容易に手に入れられるアイテムではなかった。

 

1978年。

ほぼ40年を経て今、YouTubeで存分に堪能できる。

不思議な時代である。