読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

United States

No.40 Kansas/Vinyl Confessions 1982(USA)

1982年初夏のこと、カンサスのニュー・アルバムが全米チャートを着実にランクインしてきた。 「ビニール・コンフェッション」という題名でジャケットはなにやら素っ気のないデザイン。おまけにおなじみのロゴも使っていない。 「らしくないな」と感じつつ、…

No.17 Kansas/Leftoverture(永遠の序曲)

カンサスの最も有名なヒットチューンと云えば、「伝承」と「すべては風の中に」。 Carry on My Wayward Sonを「伝承」と名付けてしまう言語センスは1970年代と言ってしまっていいのかどうか、よく判らないが、かなりキリスト教色が露骨な歌詞。これが一般に…

No.6 Kansas/Monolith(モノリスの謎)

自分が最初に「ロック」というものを本気で意識したのはカンサスだった。 中学生のときである。 七つ年上の兄所有のライブラリーをあさる中でまっさき惹かれたのが「モノリスの謎」。 一言で云えば、「ドラマティック!」これに尽きる。 何も判らない中学生…