読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

No.58 Mauro Pagani / Same(地中海の伝説)1979(Italy)

PFMのメインパフォーマーだったマウロ・パガーニがバンドを脱退して発表した初のソロ・アルバム。日本でもPFMの顔として固有名詞で人気があったらしく、キングレコードは「ユーロピアン・ロック・コレクション」を始めるにあたって、その時点ではまだ新作扱…

No.46 【イタリアン・ロックの輝き】PFM in Tokyo Dome City Hall 2014

イタリアン・ロックの至宝、PFMのデビュー40周年を記念し、この春先に急遽決まった通算5度目の来日公演。今日はその初日。水道橋はビジネス要件でお馴染みの東京ドーム・シティー・ホール。まさに40年前の名作、名曲、『Photos of Ghost(幻の映像)』(1973…

No.45 【イタリアン・ロックの輝き】PFMの来日。

イタリアン・ロックの至宝PFMが来日する。しかも来週末である。彼らの来日はこれで何度目になるのであろうか。1970年代半ばの初来日は、メンバーが歓喜の涙を流したという感動のエピソードが伝わる歴史的一幕であったが、今世紀に入り、2002年の再来日公演は…

No.44 【イタリアン・ロックの輝き】PFM『Suonare Suonare』から

イタリアン・ロックの代表格と言えば、もちろんPFMである。当然、自分が最初に知ったのもPFM、レコードを買ったのもPFMだ。1973年、EL&P主催のマンティコアレーベルを通して全世界に紹介された、あの『Photos of Ghost(幻の映像)』である。自分が購入した…